アメダス気象データ分析チャレンジ!Python版(2023年9月28日)

本イベントは終了しました。ご参加のみなさまありがとうございました。講演資料の内容に関するお問い合わせには応じられませんのでご承知おきください。

AIやIoTで人気のプログラミング言語”Python”を使って気象データ分析や機械学習を体験してみませんか?このセミナーは、「気象データ分析チャレンジ!(Excel版)」をPython版に発展させたもので、オープンデータである気象データや電力消費データを活用して、Pythonによるデータ分析と機械学習の基礎について学びます。気象データに触れてみたい方、ビジネスを効率化させたい方、データサイエンスに興味のある方、是非、一緒に体験してみませんか?

■日時
2023年9月28日(木)13:00~17:00

■場所
オンライン開催(WebexまたはZoom)

■講師
岐阜大学工学部附属応用気象研究センター
センター長・教授・気象予報士 吉野 純

■プログラム
 1.はじめに /  2.Pythonによる診断的分析(気象×電力)
 3.Pythonによる予測的分析(気象×電力)/ 4.おわりに

■事前準備ガイド
※環境によってはダウンロードに時間がかかることがあります。
・当日資料:Challenge.zip(約10MB)
・事前準備ガイド:Setup.zip(約1.8MB)
・自主学習資料 Pythonプログラミングの基礎:Basic.zip(約1.2MB)

■参加要件
・当日の録画のオンライン公開(YouTube予定)に同意いただける方
・Pythonを使った経験のある方
・ご自身でPython利用環境を構築可能な方
・WXBC会員でない方もご参加いただけます

■留意事項
・参加いただける方あて、「info[アットマーク]wxbc.jp」のアドレスからご連絡いたします。
・Pythonの利用環境を構築するためにAnaconda3と呼ばれるオープンソースの製品を使用します。
・使用するPythonのライブラリは,numpy,matplotlib,seaborn,datetime,pandas,sklearnです。
・Pythonの基本的な文法の理解に自信のない方は、事前準備ガイドと共に配布する「Pythonプログラミングの基礎」のJupyterNotebookで事前学習することをおすすめします。
・当日の理解の助けのために、事前にアメダス気象データ分析チャレンジ!入門(2022年10月14日開催)の資料・動画をご覧いただくことをおすすめします。動画視聴の時間はおよそ3時間40分です。お時間を短縮したい場合は、「アメダス気象データ分析チャレンジ!(Excel版)」の資料・動画(動画視聴時間およそ70分)でも構いません。

■申込み
締め切りました(9月21日(木)15時)
※定員に達した場合は、早期に申込フォームをクローズする場合があります。

■募集人員
80名

■主催・共催
主催:気象ビジネス推進コンソーシアム
共催:岐阜大学工学部附属応用気象研究センター

■当日の動画(Youtube)