災害対応に新たな切り口を生み出す気象データの活用(ハレックス))

災害情報連携基盤「D-Resilio®連携基盤」(株式会社NTTデータ)

フードバリューチェーンに必要な気象情報とは(合同会社ノーエン)

気象データで人の役に立つ広告を創る(株式会社ルグラン)

イベントの種類

気象データのビジネス活用セミナー・WXBCセミナー

関連業種

農業
気象サービス・情報通信サービス
交通・物流
広告・マーケティング
人流
生活関連サービス
防災・BCP

関連データ

気象観測データ
気象予測(短期)データ
2週間~季節予報データ
地震・火山データ
防災・BCP

オープニング(WXBC人材育成WG 越智副座長)

気象庁の提供データについて(気象庁 情報基盤部情報利用推進課)

ナウキャスト及び短時間予報(気象庁 大気海洋部業務課気象技術開発室)

イベントの種類

気象データのビジネス活用セミナー・WXBCセミナー

関連業種

関連データ

気象予測(短期)データ

人間集団を対象とした疫学研究 ~気象データを健康とつなぐための基礎知識~(愛知医科大学)

気象と健康 ~気温の健康影響を中心に~(愛知医科大学)

「不調の予報で暮らしを快適に」気象病対策アプリ 頭痛ーる(株式会社ベルシステム24)

イベントの種類

気象データのビジネス活用セミナー・WXBCセミナー

関連業種

学術研究
生活関連サービス
医療・美容・健康

関連データ

気象観測データ
気象予測(短期)データ

オープニング(WXBC人材育成WG 越智副座長)

気象庁の提供データについて(気象庁 情報基盤部情報利用推進課)

週間・季節予報とその活用(気象庁 大気海洋部気候情報課)

週間・季節予報を支える数値予報について(気象庁 情報基盤部数値予報課)

イベントの種類

気象データのビジネス活用セミナー・WXBCセミナー

関連業種

関連データ

2週間~季節予報データ

WXBC人材育成WG第3回オープンセミナー ~グループ別勉強会活動報告会~

2023年4月21日に実施しました。 資料公開は人材育成WGメンバー限定、動画公開はWXBC会員限定です。

オープニング~人材育成WGの活動紹介~

再生可能エネルギーから考える気候変動対応とカーボンニュートラルの未来 (再生可能エネルギー勉強会)

日本の農業を元気に! ― つなげる物語 作ってます(物語第3章)―(農業分野勉強会)

気象データの利活用拡大と創出価値について(気象データの利用拡大と創出価値を考える勉強会)

3年間、新型コロナを追いかけてみた!新型コロナと気象データの関係(新型コロナx 気象データ勉強会)

気象データと人をつなぐ、未来をつなぐ ~勉強会内勉強会を振り返って~(気象データxIT勉強会)

クロージング~勉強会参加に関するご案内~

当日の動画

イベントの種類

その他

関連業種

農業、林業
医療、福祉

関連データ

基調講演 連携の場を目指して(田中 淳 氏)

基調講演 非常事態に対してレジリエントな経済社会の構築に向けて(山田 佑 氏)

Yahoo!天気・災害で防災情報を届け続けるための取り組み(堤 浩一朗 氏)

防災対応における気象データの活用について(矢崎 敏之氏)

トークセッション

イベントの種類

気象ビジネスフォーラム

関連業種

関連データ

気象観測データ
気象予測(短期)データ
衛星データ
地震・火山データ
AI
IoT
防災・BCP

アンサンブル予報分析チャレンジ!(基礎編)(2023年1月12日開催)

2023年1月12日に実施しました。 このチャレンジ!では、今人気のプログラミング言語Pythonで、気象庁のアンサンブル予報データを取り扱う方法を学びます。GRIB2フォーマットのデータファイルから多次元の気象要素を取り出して、分布図や特定の場所の経時変化をメンバーごとにグラフ化できるようになります。 ※資料はWXBC会員限定公開

事前準備ガイド

実習テキスト・プログラム・データ(約3.7GB)

当日の動画

イベントの種類

気象データ分析チャレンジ

関連業種

関連データ

気象予測(短期)データ
2週間~季節予報データ
データや分析手法の解説

農林水産省「みどりの食料システム戦略」と気候関連施策 (農林水産省 大臣官房みどりの食料システム戦略グループ 地球環境対策室)

気象リスクに対する我が社の対応 (株式会社野菜くらぶ)

農産物流通DXによる地方活性化と流通コスト、フードロスの削減 (日本電信電話株式会社)

イベントの種類

気象データのビジネス活用セミナー・WXBCセミナー

関連業種

農業、林業
漁業
運輸業、郵便業
卸売業、小売業
公務

関連データ

気候変動予測データ
AI
IoT
気候変動
データや分析手法の解説

メッシュ気象データ分析チャレンジ!

2022年12月7日に実施しました。 このチャレンジ!では、今人気のプログラミング言語Pythonで、気象庁のGPVデータを処理し活用する方法を学びます。数値予報モデルや推計気象分布、解析雨量などのメッシュデータをGRIBファイルから取り出して、分布図を作成したり、特定の場所の気象変化をグラフ化したりできるようになります。 ※資料はWXBC会員限定公開

事前準備ガイド

実習テキスト・プログラム・データ(約470MB)

当日の動画

イベントの種類

気象データ分析チャレンジ

関連業種

関連データ

気象観測データ
気象予測(短期)データ
データや分析手法の解説

アメダス気象データ分析チャレンジ!Python版

2022年11月17日に実施しました。AIやIoTで人気のプログラミング言語”Python”を使って気象データ分析や機械学習を体験してみませんか?このセミナーは,「気象データ分析チャレンジ!(Excel版)」をPython版に発展させたもので,オープンデータである気象データや電力消費データを活用して,Pythonによるデータ分析と機械学習の基礎について学びます。

当日資料(約9.6MB)

事前準備ガイド

当日の動画

イベントの種類

気象データ分析チャレンジ

関連業種

関連データ

気象観測データ
データや分析手法の解説
1 2 8